【チェンソーマン】レゼの正体は「爆弾の悪魔」どんな能力?かわいいけど最後は死亡する?

「チェンソーマン」には、マキマやパワーといった魅力的な女性がたくさん出てきます。
なかでも男女問わず人気が高いのがレゼです。


レゼはチェンソーマンの第2回キャラクター人気投票ランキングで4位にランクインしました。
あまりの人気さからまだアニメには登場していないにも関わらず、すでにコスプレをしている人もいるくらいです。


レゼは、なぜあれほどかわいくて絶大な人気があるのしょう...?
そして、レゼの正体や能力は?最後はどうなってしまうのか...?
今回はチェンソーマンの人気キャラクターであるレゼについて深く考察してみたいと思います。

💡ここがわかる!

・かわいすぎるレゼの魅力
・レゼの正体や能力について
・レゼの目的について
・最後はどうなってしまうのか...?

レゼのプロフィール

レゼの年齢や身長体重は、公式には発表されていません。
外見や言動を見る限り16歳であるデンジと歳が近いと思われるので、年齢は推定ですが15歳前後であると可能性が高いです。


出身はソビエト連邦で、黒髪にスレンダーな体型をしています。
普段は、カフェ「二道」でバイトをしていて学校ヘは通っていないようです。

かわいいすぎるレゼの魅力

レゼがデンジに見せていた笑顔や、はにかんだ表情は全て演技でした。
ですが、その態度や言葉は演技とは思えないぐらい自然体でわかっていながらもかわいいと思ってしまいます。


そして、実際の彼女もとてもかわいいのです。
過酷な幼少期を送ったレゼは、普通の生活に憧れていました。
戦っている時の冷酷さや過激さとは、反比例するかのようなレゼの内面がファンの心をがっちりと掴んだようです。


レゼがかわいいと言われる秘密は、そのギャップにあるようです。

レゼの正体・能力・強さについて

レゼの正体は、爆弾の悪魔です。ですが、正確には悪魔でも人間でもありません。
人体実験により、爆弾の悪魔「ボム」と融合させられたのです。
デンジやサムライソードのように心臓だけ悪魔になっており、武器人間に変身することができる特殊な存在です。


首のピンを抜くと頭部が爆発し、武器人間の戦闘スタイルへと変化します。
頭部は爆弾のような形となり、ボディには爆弾を繋げたようなコスチュームを纏っています。
どこから狙われても、すぐに対処できそうです。


ですが、人間の状態でもレゼの戦闘スキルは高いです。
学校の屋上で襲われた時には、寝技に持ち込みチョークスリーパーで相手を瞬時に倒しています。
これは、幼少期より暗殺術を習っていたためと考えられます。
特に、ナイフの扱いはうまく一瞬にして敵の体を切り裂きます。


変身したレゼは、その強さを更に高くします。
格闘センスもある上に、そのパンチやキックには爆発を纏わせてあるため物凄い威力を発揮するのです。
接近戦において、レゼに敵う者はほとんどいません。


ですが、レゼは遠方にいる相手への攻撃力も高いです。
彼女は、体の一部をミサイルに変化させて発射させる事が可能なのです。
更には、指を鳴らすだけで周囲を大爆発させる指爆弾という能力もあるためまさに無敵です。
爆風を利用しスピードをアップさせたり、空中へも浮かぶ事ができるため簡単に捕まる事もありません。


ボム人間となったレゼの能力はかなり汎用性が高いため、チェンソーマンのなかでもかなり強いキャラであることがわかります。

レゼの目的とは

レゼの目的は、チェンソーの悪魔であるデンジの心臓を手に入れる事です。
レゼの正体は、ソ連のスパイだったのです。


子供の頃から戦士になるため育てられたレゼは、感情表現さえ訓練で身につけました。
デンジに見せたかわいい笑顔も泣き顔も全て演技だったのです。


そして、もう1つの目的はデンジの存在を他国へ暴露する事です。
爆弾を使ったデンジとの激しい戦闘シーンはテレビで中継されました。
この事により、多くの国がチェンソーマンの存在を知る事となったのです。


テレビを見たマキマは、

「ボムちゃん、仕事は果たしたってワケか…」
「デンジ君が私の手にさえなければいいって事だろうね」

と語っているシーンがあります。
それは、デンジをマキマの手には置きたくないためという趣旨の発言もしています。
少なくともマキマの存在を知っている誰かによってレゼにチェンソーマンを襲わせるように仕向けたのです。


レゼが誰の命令で行動していたかは、結局は最後まで謎なままでした。
ソ連かもしれませんし、別の国だったかもしれません。
はたまた、相手は悪魔だったのかもしれません。
わかっているのは、レゼが自分の意思でデンジを狙ったわけではないという事です。

デンジとの関係性やストーリー

デンジとレゼは、雨の日に出会いました。
デンジが飼っていた犬に似てるとレゼが言った事から2人の距離はどんどん近づいていきました。
レゼの笑顔に、デンジは次第に恋心を抱くようになったのです。


縁日デートの時に、レゼはデンジに一緒に逃げようと提案しています。
ですが、デンジの返答からレゼは彼には他に好きな女性がいることを察知します。


レゼはキスの時にデンジの舌を噛み切り、自らの正体を明かします。
そして、激しい戦闘の末にデンジがレンジはレゼを水中戦に持ち込み勝利。


デンジは、レゼに一緒に逃げようと提案します。
レゼはそれを拒否しますが、デンジがいるカフェ「二道」へ行こうとしています。
デンジの片思いのように見えますが、レゼの一連の行動からおそらくは両想いではなかったのかと推測できます。

最期は死亡してしまう?

デンジとの戦いの後、レゼはカフェ「二道」へとデンジに会いに行こうとします。
ですが、途中でネズミの大群に邪魔されてしまいます。
そして、そこにマキマが現れました。


レゼは必死に応戦しようとしますが、マキマと天使の悪魔の前には為す術もありません。
腕を斬り落とされ、槍で心臓を貫かれ死亡してしまいます。

最後の抵抗も、マキマによって軽々しくやんわりと止められてしまいました。


レゼの死を知らず、カフェ「二道」で彼女を待ち続けるデンジの姿が切なさを倍増させるラストとなりました。

その後どうなる?復活はあり得るのか?

マキマに倒されたレゼは、マキマの支配の悪魔の能力により手下とされてしまいます。
支配されたレゼは、マキマに対して好意を抱いている様子で、その命令を素直に聞きます。


再び敵としてデンジの前に現れたレゼは、完全を理性を失った完全なチェンソーマンによって首や胴体を斬られ再び死亡してしまいます。


もう、レゼは復活できないのでしょうか。
1度マキマの力で復活しているため、同じ方法では復活しないと思われます。


更に、彼女は悪魔でも魔人でもないため、他の悪魔のように地獄から輪廻転生ができるかも不明です。
ですが、あまりのレゼの人気さから何らかの形でレゼが復活する可能性はゼロではないため期待するファンも多くいます。

まとめ

敵でありながら、デンジが好意を寄せたかわいい女性・レゼ。かわいい笑顔とは裏腹な、その非情な戦闘シーンがインパクトを与えました。


爆弾を使っての戦闘は、「チェンソーマン」のなかでも華麗でいて迫力満点。
接近戦であろうとなかろうと、彼女には関係ありません。


ラストは、デンジへの想いを抱きながら死亡するという悲劇的なものとなり多くのファンがその死を嘆きました。
今後、どのような形でもレゼが復活してくれる事が望まれます。


最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。