劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンがNetflixにて独占配信開始!映画の感想や見どころ、ギルベルトの生死についてまとめてみた。※ネタバレ注意

あの伝説の感動アニメ、劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデンがNetflixにて配信開始になりましたね!

きっと待ちわびた人もいることでしょう。

実際に私も配信開始日に映画を観たので、実際に視聴した感想や見どころついてまとめてみました。

読むメリット・ポイント

「ヴァイオレット・エヴァーガーデンのアニメ、映画を観たい・・・」
「どこで視聴することができる・・・?」
「映画の具体的な内容を知りたい・・・」
「ギルベルト少佐は生きてるの・・・?」

ネタバレも含まれるので、ご了承ください。

アニメのあらすじ〜武器として扱われていた少女〜

主人公の少女、“ヴァイオレットは幼いころから少年女兵として戦争に参加しある時、後の上官となる“ギルベルト”に拾われることになります。


拾われた当初はまだ名前がありませんがでしたが、咲いていた紫色の花にちなんで「ヴァイオレット」という名前を与え、「その名が似合う美しい女性になるように」という願いを込めてつけました。


そんな幼い少女を命令とはいえ戦場の武器として扱うことに苦悩しながらもギルベルトはヴァイオレットのことを特別に思うようになります。


またヴァイオレットもギルベルトのことを一番に信頼するようになり今まで感じたことのない、言葉で言い表せない感情を抱くようになります。


ですが、戦争の最終決戦でお互いに重症を負ってしまいギルベルトは右目と右腕を失い、ヴァイオレットは両腕を失ってしまいます。

そして意識が遠のくなか、ギルベルトは最後に「───心から、愛してる...」という言葉を残し二人は爆風に飲まれ、ヴァイオレットはなんとか一命を取り止めましたが、ギルベルトは行方がわからず生死不明となります。


戦争が終わり、ヴァイオレットはギルベルトの友人であり郵便会社の社長、クラウディア・ホッジングの元で、うまく文章を書くことができない人の代わり手紙を書く、『自動手記人形・通称”ドール”』として働くことになりました。


手紙を代筆するということは、書き手と渡す側の両方の気持ちを理解しなければなりません。

戦うことしか知らないヴァイオレットは、自動手記人形サービスという代筆業を通じて様々な人の思いや感情に触れ、人として成長していきます。


そして最後にギルベルトが残した『愛してる』の意味を見つける物語です。

映画のあらすじ


出典元:http://violet-evergarden.jp/character/

劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデンでは3人の人物に焦点が当てられています。

メインとなる登場人物
  • 1人目は感動のアニメ第10話で登場したアンの孫、「デイジー」
  • 2人目は余命が残りわずかで、家族宛に手紙を書いてほしいとヴァイオレットに依頼をする「ユリス」
  • 3人目はこの作品のキーパーソンであり、ヴァイオレットの全てである「ギルベルト」

未来のシーンからスタート

映画冒頭ではアンの孫であるデイジーから始まり、早くに亡くなった母親がアンに残した手紙を見つけたこと。そしてその手紙を書いたのが「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という人物だったということを知るところから始まります。


かなりの時が立っており、電話が普及するようになってからは手紙を書く風習もなくなり「自動手記人形(ドール)」は古く良き職業となって時代の流れとともに廃れていきました。


デイジーは手紙を書いたヴァイオレットのことが気になり、記念博物館となっていた元C.H郵便社を訪れます。

余命わずかの少年、ユリスとの出会い

ヴァイオレットの時代に移り変わります。

アニメから4年の年月が立っており、それでもギルベルトのことを毎日思っているヴァイオレット。

ある時ユリスという少年から依頼を受けることになります。

ユリスは病気を抱えていて自分の命が長くない悟っており、自分の家族と幼馴染のリュカに手紙を残してほしいと依頼します。

そして自分がなくなったその日に手紙を届けるようにと約束しヴァイオレットと「指切り」を交わします。

宛先不明の手紙が届く

ヴァイオレットが務める、C.H郵便社に宛先不明の手紙が届きその筆跡から死んだと思われたギルベルトが書いたものではないか?
という可能性が浮上します。

その手紙は遠く離れた小さな島から届いた手紙でした。

ヴァイオレットとホッジングはかすかな可能性を信じて、船で島へと向かいます。

そしてとうとう長年思い続けていた“あの人”と再開することに...

ギルベルトの生死について

結論からいうと、ギルベルトは生きています。
離れた島で先生となって子どもたちに勉強を教えており生徒たちから慕われています。


ただ戦場で右腕と右目を失っており五体満足とはいかず、また自分のせいでヴァイオレットを戦場に連れ込んでしまい両腕を失ってしまったことや、もっと年頃の女の子らしく幸せな人生にしてあげられなかったをずっと悔やんでおり、心に深い傷を追っています。


誰よりもヴァイオレットのことを大事に思っているにもかかわらず”自分のせいで彼女を不幸にしてしまった”という後悔からヴァイオレットの前に姿を現せずにいました。

ですが、当然ヴァイオレットはギルベルトのこと恨んではいません。

それどころか、自分に名前をくれたことや読み書きを教えてくれたこと、エメラルドのブローチをくれたこと。


そして「───心から、愛してる...」という言葉をくれたギルベルトのことを4年間、毎日一途に思い続けています。

ヴァイオレットにとってギルベルトは世界の全てともいえる存在なのです。

映画を観た感想

ここでは私が実際に映画を観た素直な感想を書いていきます。

ネタバレも含まれますので、それでもという人は読んでくださいね。

泣けるシーンが多い

とにかく泣けるシーンの連続です。

ユリスが亡くなる直前家族に残した手紙のシーンは誰しもが涙することでしょう。

幼馴染のリュカには手紙を残すことが出来ませんでしたが、素直になれずにいたユリスが心からの思いを電話で伝えたこのシーンはもう涙腺崩壊です。

手紙にせよ、言葉にせよ、大切な人に思いを伝えるというのは本当に大切で素晴らしいことなんだなぁっと感じることができました。

最後、海でのギルベルトとの再開シーンは感動の最高潮

そもそも映画の内容を知らない人にとってはギルベルトが生きてるということに衝撃を受けるでしょう。

実際にヴァイオレットがそうだったように。

4年間、毎日思っていた人が生きていたと知ったら言葉では言い表せない感情になるのは当たり前ですよね。

ヴァイオレットはやっとの思いでギルベルトと再開しますが、
ギルベルトは「帰ってくれ」と拒絶してしまいます。

それは『自分のせいでヴァイオレットの人生を不幸にしてしまった』という思い込みからです。

そこでヴァイオレットはギルベルト宛に心からの思いを綴った手紙を書きます。

このシーンは今までたくさんの手紙を書き、さまざまな人の思いや感情に触れてきたヴァイオレットの成長が感じとれるシーンでもありました。

「愛してる」を知ることができた

ヴァイオレットが手紙にした素直の思いはギルベルトの心に伝わります。


船で去ってしまうヴァイオレットを追いかけ、海で初めて顔合わせ再開を果たし「今でも君を愛してる...そばにいてほしい。ヴァイオレット...」と泣きながら言葉にするシーンは2人に感情移入してしまい、胸が締め付けられるほど感動してしまいました。

ヴァイオレットは嬉しすぎて、うまく言葉を発せれないほどボロボロ泣いてしまうのですが、これまでギルベルトを思い続けていた感情が一気に溢れ出した瞬間なので重要な見どころの1つです。

その時、演じた声優さんのお芝居も流石すぎます。


ヴァイオレットは「愛してる」の意味を知ることができたんですね。

息を呑むほど絵が美しい

出典元:https://www.hmv.co.jp/artist

ヴァイオレット・エヴァーガーデンがここまで絶大な人気となった理由の1つとして絵が綺麗すぎることが挙げられます。

映画でも美しすぎる作画に引き込まれてしまいました。

舞台はヨーロッパ風の町並みで、キャラクターの表情も繊細かつ天寧に描かれています。

そこに声優さんの迫真の演技や、壮大な音楽が合わさることで更に美しさがまし、作品の世界観に引き込まれ、心が動かされてしまうのです。

私自身、何度も感動して涙を流してしまいました。

これほど心に響いて感動する作品にはなかなか出会えない思います。

ヴァイレットエヴァーガーデンはNetflixで独占配信中

「ヴァイオレット・エヴァーガーデンのアニメを視聴したい・・・」
「アニメは観たけど、映画を観て感動に浸りたい・・・」
「ヴァイレットとギルベルトの再開が観たい・・・」
「どこで配信されてるの・・・?」

あなたはこのように思っていませんか?


結論からいうと、『ヴァイオレット・エヴァガーデン』はNetflixで独占配信しています。

他の動画サービスでは配信されておらず、TVアニメシリーズ、劇場版含めNetflixのみです。

視聴できる作品は下記の通りです。

  • 『TVアニメ ヴァイオレット・エヴァーガーデン』(全13話)
  • 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン:スペシャル』(1話のみ:34分)
  • 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 − 永遠の自動手記人情 − (1時間30分)
  • 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』(2時間20分)

1つ1つストーリーが違うオリジナル作品で、TVアニメを1つにまとめた総編集というものはありません。


どれも内容が違うので今回の映画も含め、長い時間作品を楽しめるということです。
テンポよくヴァイオレットの成長が観られることでしょう。

「アニメを見逃してしまった・・・」「映画の予習のためにまた最初からアニメを観たい・・・」そんな人もNetflixなら何度も視聴することが可能です。


ただNetflixはU-NEXTやAmazonプレイムといった動画配信サービスとは違って1ヶ月間の無料トライアル期間というものがありません。

初月から料金が発生してしまいます。

とはいっても、一番安いベーシックプランで月額料金990円(税込)となります。


3種類ほどプランはありますが、1人で動画を楽しみたい人は最安値の月額990円プランで問題ないです。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン以外にもいろいろなアニメや映画も見放題で、中にはヴァイオレット・エヴァーガーデンのようなNetflixでしか配信されていないオリジナル作品も多数あるのでかなりお得ですよ。

まとめ

作品ファンが思い描いていたハッピーエンドで終わりを迎えるのでしばらく余韻に浸って感動することができます。

ヴァイオレットエヴァーガーデンという作品は“人を愛する大切さ”、”言葉でも文字でも素直に思いを伝える大切さ”を教えてくれる素晴らしい感動作品でした。

普段の日常がマンネリ化して心に刺激がない人は、Netflixに登録してこの映画やアニメを観て存分に泣いてください。

きっとすっきりしますよ。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンという世界観に引き込まれてしまうこと間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。